お申し込み


ご利用について


  • お申し込み前に必ず利用規約をお読みください。
  • バイナリ評価版は誰でも登録してダウンロード・評価できますが、現時点ではソースコードは公開していません。
  • 正式リリース時には、一部機能が変更・増減する可能性があります。

利用規約


Open FRUCtoS ソフトウェア利用規約


本規約は、任意団体 FRUCtoS Japan(以下「当団体」といいます。)が提供する Open FRUCtoS ソフトウェア(以下「本ソフトウェア」といい、詳細は第 1 条記載のとおりとします。)の利用に関する条件を定めるものです。利用者は本規約に同意された場合に限り、本ソフトウェアをご利用いただけます。なお、利用者が本ソフトウェアの利用を開始された場合は、当団体は、利用者が本規約に同意されたものとみなします。また、当団体は本ソフトウェアのメニュー内に変更後の本規約を掲載することにより、利用者に事前の通知をすることなく本規約を変更できるものとします。本規約が変更された後に利用者が本ソフトウェアをご利用になられた場合は、利用者は変更後の本規約に同意されたものとみなします。

第1条 本ソフトウェアの利用

  1. 利用者が本規約に同意し、かつ、本規約を順守することを条件として、当団体は、利用者に対し、本ソフトウェアを利用する権利を、無償で許諾します。
  2. 利用者は、本ソフトウェアを個人的利用かつ非商業的な目的に限り利用することができるものとし、営利目的のために利用することはできません。
  3. 当団体は、利用者への事前の告知なく本ソフトウェアの仕様・利用条件を変更し、本ソフトウェアの提供を中止する場合があります。

第2条 (知的財産権等)

  1. 本ソフトウェアに係る著作権その他の知的財産権及びその他一切の権利(以下「著作権等」といいます。)は、当団体又は当該著作権等の権利を有する第三者に帰属します。前条に基づく利用者への本ソフトウェアの利用許諾は、利用者に対する何らの権利移転等を意味するものではありません。

第3条 (順守事項)

  1. 利用者は、次の各号に定める行為を行ってはなりません。
     (1) 本規約に規定された目的以外に本ソフトウェアを使用し、又は、本ソフトウェアの一部のみをインストール若しくは使用する行為
     (2) 本ソフトウェアの全部又は一部を複製、複写する行為
     (3) 本ソフトウェアの全部又は一部の、販売、頒布、公衆送信、貸与、譲渡、使用許諾、その他の処分行為
     (4) 本ソフトウェアの全部又は一部を利用した派生物の生成
     (5) 本ソフトウェアの全部又は一部の改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、その他解析・分析行為
  2. 利用者は、本ソフトウェアの利用にあたり、著作権等及びその他第三者の権利を侵害しないよう配慮するものとし、利用者による本ソフトウェアの利用により第三者との間で紛争等が生じた場合は、利用者ご自身の責任と負担においてこれを解決するものと します。
  3. 本ソフトウェアには、以下に示すオープンソースライセンス下ソフトウェアを含みます。これらのオープンソースソフトウェアは、かかるオープンソースソフトウェアに適用されるライセンスの条件に従ってライセンスが付与されます。
    本ソフトウェアに含まれるオープンソースソフトウェアとそのライセンス:
    • Apache Commons (Apache Software License 2.0)
    • Apache HttpComonents (Apache Software License 2.0)
    • Caffeine (Apache Software License 2.0)
    • Error Prone (Apache Software License 2.0)
    • FindBugs (Apache Software License 2.0)
    • Gson (Apache Software License 2.0)
    • Guava (Apache Software License 2.0)
    • HAPI FHIR (Apache Software License 2.0)
    • J2ObjC (Apache Software License 2.0)
    • jackson-annotation (Apache Software License 2.0)
    • Java Native Access (Apache Software License 2.0)
    • MyBatis (Apache Software License 2.0)
    • MyBatis-Spring (Apache Software License 2.0)
    • OSGi (Apache Software License 2.0)
    • Spring Framework (Apache Software License 2.0)
    • Ucum-java (BSD 3 Clause)
    • PostgreSQL JDBC Driver (BSD-2-Clause)
    • Java Servlet API (CDDL + GPLv2 with classpath exception)
    • Javax Annotation API (CDDL + GPLv2 with classpath exception)
    • Waffle (Eclipse Public License)
    • AspecctJ weaver (Eclipse Public License - v 1.0)
    • logpack-classic (Eclipse Public License - v 1.0)
    • Junit (Eclipse Public License - v 1.0)
    • MXP1: Xml Pull Parser 3rd Edition (XPP3) (Indiana University Extreme! Lab Software License, vesion 1.1.1)
    • Animal Sniffer Annotations (MIT License)
    • Checker Qual (MIT License)
    • Project Lombok (MIT License)
    • SLF4J (MIT License)
    • JCL 1.2 implemented over SLF4J (MIT License)
    • Saxon-HE (Mozilla Public License Version 2.0)
    • H2 Database Engine (MPL 2.0 or EPL 1.0)
    • Hamcrest Core (New BSD License)

第4条 (免責)


  1. 利用者は、利用者ご自身の責任において本ソフトウェアを利用するものとし、本ソフトウェアにおいて行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。
  2. 当団体は、本ソフトウェアを現状有姿のまま提供するものとし、第三者の知的財産権及びその他の権利の非侵害性、商品性、完全性、有用性及び特定の目的に対する適合性を含め、明示又は黙示を問わず一切保証しません。
  3. 当団体は、本ソフトウェアのインストール、使用、不使用又は使用不能等、利用者その他の第三者が本ソフトウェアに関連して直接的又は間接的に被ったいかなる損害(当団体の予見可能性の有無を問わず発生した特別損害、間接損害及び逸失利益、機会の損失、データの喪失等を含みます。)についても責任を負いません。

第5条 (違反行為に対する措置)

  1. 利用者が、本規約に違反し、又は違法な行為を行ったことによって当団体が損害を受けた場合、当団体は、当団体が必要と判断する措置(当該利用者に対して、ただちに当該行為の中止すること、損害賠償請求を行うことを含みます。)をとることができるものとします。

第6条 (その他)

  1. 本規約の準拠法は日本法とします。
  2. 本ソフトウェア又は本規約に関連して利用者と当団体の間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

お申し込み


「利用規約に同意して申し込み」からお申し込みを行うことで、
資材を受領するためのURLを取得することができます。
設定したメールアドレスにURLの送付を行うため、お間違いのないよう入力をお願いいたします。